格安カーリースや残クレ方式は危険?やっぱりカーリースより購入したほうがお得なのか?

残クレ、残存価格差し引きとは?

カーリースより購入したほうが特なのか?

車が欲しいなとなれば、現金やローンで購入する他に、カーリースという手があります。
現金やローン購入はディーラーで購入、もしくは銀行や農協でマイカーローンを使って買う方法がありますよね。

今回は、車を所有する場合、カーリースが良いのか現金やローン購入が良いのかについて書いてますのでご参考ください。

カーリースって何?

カーリースって何?

ではまず、カーリースってなに?ということですが、車検証は
・所有者はカーリース会社名義
・使用者はあなた名義
となっています。

 

つまり、「自動車にかかる税金」は所有者が支払うことになっているので、カーリース会社が支払います。

 

その他の必要な費用といえば、車検代やオイル交換、ワイパーやタイヤ代などのいわゆる「メンテナンス料金」です。

多くのカーリースは月々の支払料金に「車両価格-残価」+「自動車にかかる税金」+「メンテナンス料金」が入っています。
 

残クレ、残存価格差し引きとは?

残クレ、残存価格差し引きとは?コスモスマートビークルのサイトより

残クレは「残価設定クレジット」の略ですが、仕組みとしては、契約期間終了後の車の買い取り価格(残価)を差し引いた残りの金額をローンで支払うこと。

ただし、カーリースの場合は残価設定クレジットではなく、「残存価格差し引き」というものです。

カーリースの料金は、残存価格差し引きとなっていることが多く、新車の車両価格がまるまるをリース料金になるわけではありません。
新車価格-残価価格なので安い料金になるということです。

例えば、300万の車を5年契約でリースしたとして、5年後にこの車の残存価格が100万だとしたら
新車価格(300万)-残存価格(100万)なので、残りの200万に対してリース価格が設定されるということです。

なので新車の場合、月々の支払はローン購入よりカーリースのほうが安くなる場合があります。

 

カーリースの落とし穴 格安なのは危険?

カーリースの落とし穴 格安なのは危険?

カーリースは自分で購入するのではなく「リース=借りる」わけですから、当然リース会社の利益が上乗せされています。

残存価格も、普通の下取り価格より安く設定されていると言われています。
自分で購入した場合の下取り価格が130万だとすると、残存価格は100万というように。

つまり、リース会社は損しないような仕組みになっているわけです。

中にはとんでもない顧客もいるわけですから、リース会社が損する事もありうるわけです。その損した分を他の顧客から薄く広く回収しているのです。

これはカーリースだけでなく、生命保険なんかもそうですよね。保険金を支払っても会社に利益が残るような仕組みになっているわけです。

つまり、「カーリース契約期間に支払う総額」だけを見ても、自分で購入して「車検やメンテナンス料」を別途払った場合より、高く支払っていることもありえます。

あと、途中解約も基本的にできないですし、したとしても残りの契約期間分の料金が請求されてしまします。

車は無くなるわ、請求もされるわ、になると最悪ですね(*´`*)

ここがカーリースの落とし穴というわけです。

あと、残存価格差し引きにも「契約満了後に残価精算する契約」があるので注意が必要です。

このあたりの事と、格安カーリースの注意点などは下記サイトが参考になります。

カーリース比較のポイント!車のリースの本当に上手な選び方
https://www.rakuten.ne.jp/gold/smas/contents/compare/carlease.html

では、やっぱりカーリースより購入したほうが得なのか?カーリースが得なのはどんな人なのか?

このあたりを次に書いて行きますね。

 

購入よりカーリースのほうが得なのはどんな場合?

購入よりカーリースのほうが得なのはどんな場合?

ずばり、カーリースは個人より法人や個人事業主がお得です。

購入するといったん資産として計上し、毎年の減価償却費で経費計上となりますが、カーリースの場合は月々の料金がまるまる経費となります。

それと、頭金ゼロで車が用意されるので運転資金として現金を置いておけるのもメリットですね。

では個人は損なのかと言えば、そうでもないです。何事もお金をメインに物事を判断する人だけではないです。そのサービスにお金を払って満足している人も多くいらっしゃいます。

例えば、ステーキをお店に食べに行った場合を想像してください。
お店に食べにいくとそれなりのお金を支払うことになります。
ですが、肉とワインを買って帰り、家で調理をして食べれば、かなり安く抑えることができます。

ステーキとワイン

でも外食するのは何故でしょうか?お店の雰囲気や味、サービスが良いと少々高い金額を支払っても満足するのではないですか?

後片付けもしなくていいですよね。

家で食べると調理もしなくてはいけないし、後片付けや食器洗いも邪魔くさいもの。

カーリースも同じで、ガソリン入れて乗るだけ。あとの面倒くさいメンテナンスはリース会社のほうで面倒をみてくれるので「じゃまくさがり屋さん」にピッタリなんですね。

あと、カーリースは毎月の支払額が決まっているので家計のやりくりも楽なんです。

たまたま車検と家のなかで急な出費が重なったりしたら大変ですよね。

冠婚葬祭、身内に不幸が連続することもありえます。他にもテレビや冷蔵庫が壊れた、洗濯機が壊れることだってありえます。
自分で車をローンで買った場合だと、月々のローン支払とは車検代や税金の支払など、「あ、忘れていた」なんてこともよくある話。
 

カーリースなら、車検月であっても税金の支払い月であっても、月々の支払額は同じ。

お金メインの話はこれぐらいにしておきましょう(*´`*)

車のメンテナンスはカーリースが楽

車のメンテナンスはカーリースが楽

カーリースはメンテナンスも楽なんです。全ての人が車のメンテナンスに詳しいとは限りません。むしろ苦手だって人のほうが多いかも。

タイヤがパンクしてもどうしたら良いのかわからない。オイル交換なんてしたことない、わからない。タイヤのローテーション?なにそれ美味しいの?ってかたも(笑)

特に女性やシニアはカーリースがおすすめです。自動ブレーキ補助が付いてるなど、安全対策が施された車が年々増えて来ていますが、安全な車を、例えば5年毎に乗り換えるカーリースなら常に安全安心な車に乗り続けることができます。

古い車を乗り続けるのも良いけど、安全面で考えると女性やシニアには不安が残ります。

なので個人のカーリースがおすすめな人としては、
・家計のやりくりが楽なほうが良いと思える人
・メンテナンスのことがよくわからない人
・安心安全な車に乗りたい人
が向いていると言えます。

マイカーリースならコスモ石油のスマートビークル 

 

 

コメントは受け付けていません。